MOTOBLOG: 2020

2020-01-03

「本池美術館」 - MOTOIKE MUSEUM OF LEATHER ART -





新年あけましておめでとうございます。

年始は全店舗、4日(土)から営業開始いたします。


年末のご挨拶でもお伝えした通り、今年でMOTOは50周年を迎えます。

レザーアートの第一人者として、県無形文化財に認定された本池秀夫を中心に

半世紀続いたMOTOの節目としてスタートする新たなビッグプロジェクト。



世界に類のない、
レザーアートミュージアムを開設いたします!!

※外観イメージ
「 本 池 美 術 館 」
-  MOTOIKE MUSEUM OF LEATHER ART -

50年間におよぶ本池秀夫のレザー作品展示を柱に、
レザークラフトのワークショップ開催、新たな皮革芸術の発展など、
未来に向けた、様々な発信の場となることを目的としています。

日本海を望む、美しいロケーションに建ち、
外観は、波をイメージしたアーチ状の屋根が特徴的です。
内装含め、全てのデザインに本池秀夫が直接関わり、
MOTOの世界観が凝縮しています。

また、自身の出身地である鳥取県の地域活性化における、
観光事業の1つとしても期待を受けており、
MOTOアートプロジェクトの集大成とも言うべき美術館です。

レザーアートミュージアムとしても世界初の試みですので、
国内問わず、世界各国からの注目度も高まるでしょう!

現在、建設進行中であり、開館日程は確定していませんが、
今秋ごろのオープンを予定しております。

詳細をお楽しみに!!